本文へスキップ

アメリカンショートヘア専門サイト・アメリカンショートヘアビギナーズカフェは、正式なブリーダーさんからアメショちゃんをお迎えする事で不幸な猫ちゃんを減らしていこうという主旨のご縁組みサイトです。

アクセスアメリカンショートヘアビギナーズカフェ

アメリカンショートヘアってどんな猫?
日本でも大人気のアメリカンショートヘアちゃん。
「アメショ」の愛称で慕われていますので、猫好きでなくても知らない人はいないのではないでしょうか?

丸いお顔とくりくりしたお目目がとってもキュートですが、その昔はワーキングキャットとして大活躍していたのですよ。
そんなアメショちゃんをもっと詳しく知っていきましょう☆


◆歴史◆
アメリカンショートヘアちゃんの原産国であるアメリカ大陸には、ピューマやボブキャットなどネコ科の野生動物は生息していましたが、イエネコはいませんでした。
猫ちゃんがこの地にやってきたのは17世紀となります。

1620年にピューリタン(清教徒)の人々が、新天地を求めてイギリスからアメリカへ渡ってきました。
メイフラワー号などの移民船には、様々な家畜や犬、そして猫を一緒に乗せていました。

猫たちは、船内ではネズミ捕りとして活躍し、船を降りた後も西へ開拓を進めていく人々と共に暮らし、農作物を荒らすネズミ退治に大活躍しました。

ワーキングキャット(働き猫)との異名を持つ程、ハンターとしての腕前は天才的で、土地によっては鳥猟に役立ち、人間や家畜をねずみや毒ヘビなどの被害から守り、かけがえの無い家族として愛されました。

北米の厳しい自然環境に適応していく中で逞しく丈夫になり、被毛は短めで密度は高く、身体もがっしりとしていきました。

そんな美しい毛色と模様を持つ「ドメスティックショートヘアー」たちが、現在のアメリカンショートヘアの祖先だと言われています。

アメリカンショートヘアってどんな猫? アメリカンショートヘアってどんな猫?

◆ボディタイプ◆
猫ちゃんのボディタイプは6つに分類されます。
アメリカンショートヘアちゃんは、ややがっしり目のセミコビータイプとなります。

アメリカンショートヘア ボディタイプはセミコビーです

全体としては、少し胴体が短い印象です。
肩や腰幅は広く、しっかりとした骨格を持っています。
筋肉質で重量感があり、運動神経も抜群です。
ハンティング能力が高いので、おもちゃ等でたくさん遊んであげましょう。
根気よく教えれば、「持ってきて」や「ダメ」なども覚えてくれます。


◆性格◆
猫ちゃんにも個性がありますので一概には言えませんが、陽気で人なつこく、好奇心旺盛で社交性が高いと一般的には言われています。
ご縁組みさせていただいたご家族からは、「先住猫ちゃんや客人ともすぐに仲良しになれた」、「小さいお子様やワンちゃんとも楽しく遊んでいる」とのお声を沢山いただいております☆

アメリカンショートヘアってどんな猫? アメリカンショートヘアってどんな猫?

◆被毛について◆
光沢があり、硬く軽い短毛で、ボディに厚く密着しています。
ワーキングキャット時代に、風雨や寒さ、ケガなどから身を守っていた名残ですね。

カラーは、日本ではシルバークラッシック・タビーが有名ですが、マッカレルタビー、単色(ソリッド)、バイカラーなど、40種類位(CFA)の公認カラーパターンを持っています。

代表的なカラーを過去に譲渡した子と合わせてご紹介いたしますね。
譲渡した子達は、アメリカンショートヘア・アルバムの中からピックアップしておりますので、是非ご覧くださいませ。
*CFAの基準に則って記載しております*

カラー 譲渡した子のご紹介
シルバークラシックタビー
虎太郎くん
ブラウンクラシックタビー
海(カイ)くん
レッドクラシックタビー
とらきちくん
クリームクラシックタビー
むぅすけくん
ブルークラシックタビー
準備中です★
ブラックソリッド
ノアくん
ホワイトソリッド
準備中です★
ブルーソリッド
ハピちゃん
アメリカンショートヘア 猫


◆アイカラーについて◆
代表的なカラーはブルー、グリーン、ヘーゼル、イエロー、ゴールド、オレンジ、カッパーです。
上瞼のアーモンドラインと、下瞼の丸いラインが作り出す瞳は、表情豊かで愛嬌たっぷりです。

色見本は下記を参照ください☆
*アメショちゃん以外の猫種のお写真も混在しています*
アメリカンショートヘア アイカラー


アメリカンショートヘアってどんな猫?