本文へスキップ

アメリカンショートヘア専門サイト・アメリカンショートヘアビギナーズカフェは、正式なブリーダーさんからアメショちゃんをお迎えする事で不幸な猫ちゃんを減らしていこうという主旨のご縁組みサイトです。

アクセスアメリカンショートヘアビギナーズカフェ

気性の荒い猫ちゃん、一生愛せますか?


ペットショップの猫ちゃんと、正式なブリーダーの猫ちゃんはどう違うのですか?
当方に多く寄せられる質問です。また、同じくらいに「うちにいる猫ちゃんは気性が荒いのですが、甘えん坊の猫ちゃんを紹介してください。」というご要望をいただきます。
まず、猫ちゃんの血統に関してのお話をお読みください。

アメリカンショートヘア 子猫
◆正式なブリーダーさんが血統にこだわるわけ◆

当方にお問合せくださるお客様からよく、
「血統はこだわらないので安い子を紹介してください」
「ショーには出さないので血統は気にしません」

というご要望をいただきます。

これは多分、家族猫ちゃんなので容姿や優秀血統でなくて良いという意味合いだと思うのですが、本当に血統にこだわらなくていいのでしょうか?

本来、猫ちゃんの血統は、容姿の問題だけではなく
・気性の荒い血統同士の繁殖を行っていないか
・過去の祖先猫ちゃんに大きな疾患、病気はなかったか

という事も確認できるものですので、とても大切なものです。

気性の荒い親猫ちゃんですと、子猫ちゃんも警戒心が強く、たくさん愛情をかけて育てても、例えば触られるのが大キライであったり、引きこもり気味であったり、シャーっと威嚇する事が多いという事も出てきてしまいます。

疾患、病気に関しては、命あるものなので、過去の祖先猫ちゃんに大病がなかったとしても、その猫ちゃんが絶対に病気にかからないという事ではなく、そういった可能性を最大限に低くしたいというブリーダーさんの想いとなりますが、ペットショップで販売されている全く血統の管理されていない猫ちゃん達は、そういった危険にいつもさらされているのです。

正式なブリーダーさんは真の愛猫家ですので、お客様へ譲渡した後も、その子猫ちゃんが生涯お客様に愛していただけるように気性の荒い猫ちゃんの繁殖行為は行いません。

また、キャットショーでは、人前で堂々とし、ジャッジ(審査員)に身体を触らせられる子でなければ優秀な成績を残す事はできません。
ブリーダーさんは容姿ももちろんこだわっていますが、愛らしい性格にもこだわり、結果、子々孫々の子猫ちゃんも不幸にならないようにされているのです。

→ 正式なブリーダーさんについてはこちらをご覧ください。


◆ペットショップの猫ちゃん達の血統◆

残念ながら、ペットショップの猫ちゃん達の血統は上記のような性格面での配慮、健康面での配慮はされておらず、本来の純血種のスタンダードや性格は崩れてしまっている現状にあります。

また、血統書の偽造も多く、当方には血統書偽造のご相談も多く連絡が参ります。
実在しないキャッテリー、実在しないブリーダーの名前が書かれてあったり、その逆に勝手に名前を使用されたブリーダーさんがいたり、祖先猫ちゃんの名前が全て、英訳すると卑猥な単語であったり、数え上げればきりがないのが現状です。

チワワやポメラニアンなど、本来小さな小型犬がやたらと巨大化している姿を町で見かけますが、あれと同じ現象が今、猫ちゃんにも起きています。
巨大な猫ちゃん、気性の荒い猫ちゃん、みんな素人繁殖家や悪徳業者の生み出した猫ちゃんです。

また、パピーミルで繁殖された猫ちゃんにおいては悲惨の一言です。
→ パピーミルについてはこちらをご覧ください。

パピーミルでは、親猫ちゃんはケージから出されることなく、一生涯繁殖のために過ごします。
当然ストレスから体調を崩しますが、放置状態ですので健康状態も精神状態もおかしくなってきます。
また、愛情をかけられることなく、いつ処分されるかわからない恐怖と戦い続けているため、おのずと警戒心も高まります。
そんな親猫ちゃんから生まれる子猫ちゃんも、当然警戒心が強いのですが、さらに生後まもなく親猫ちゃんから引き離され、競りなどにかけられ、お店に並び、お店では狭いショーケースの中でガラスを叩かれて怯えて過ごします。

・・・これでは、どんな子だって幼少時にトラウマを抱えてしまい、警戒心の強い子に、気性の荒い子になってしまうのは当たり前なのです。

そして、気性が荒い猫ちゃんはもてあまされ、モラルのない飼い主によって処分されたり、捨てられたりします。

本当はどの子も甘えん坊のいい子になる可能性のあった猫ちゃん達です。
全て人間の勝手で不幸がふえています。
こんな不幸の連鎖を止めるために猫ちゃんは正式なブリーダーさんから譲渡をされてください