本文へスキップ

アメリカンショートヘア専門サイト・アメリカンショートヘアビギナーズカフェは、正式なブリーダーさんからアメショちゃんをお迎えする事で不幸な猫ちゃんを減らしていこうという主旨のご縁組みサイトです。

アクセスアメリカンショートヘアビギナーズカフェ

予防接種について

猫ちゃんを家族に迎えるにあたっての、最低限知っておきたいことがあります。
人間と同じように、猫ちゃんも病気をします。
人間の予防接種と同じく、猫ちゃんも必ず接種しなければいけない予防接種があります。


◆猫ちゃんの予防接種◆

-三種混合ワクチン-
●猫ウイルス性鼻気管炎(猫の鼻風邪)
●猫カリシウイルス感染症(猫のインフルエンザ)
●猫汎白血球減少症
ワクチンとは猫ちゃんに病気の免疫を与え、その病気を予防する為のお注射です。
伝染したり、最悪は死にいたる病気が多いので、適当な時期に三種混合ワクチンを受けましょう。

-予防接種の時期-
母親猫ちゃんから受け継いだ免疫がなくなってしまうのが生後2ヶ月位です。
免疫がなくなると病気にかかりやすくなってしまうので、その頃が1回目の予防接種の時期です。(生後2〜3ヶ月)
その3週間後に2回目の摂取をします。
生後3ヶ月以上の猫ちゃんを家族に迎えたら、お家に慣れた頃に病院にに連れていき、予防接種を受けましょう。

当方でご紹介の猫ちゃんは通常第一回目のワクチンを接種しております。
お客様は譲渡後に第二回目のワクチンを接種して下さい。
2回接種後に譲渡された猫ちゃんは、翌年より年に一度接種してください。


-予防接種の費用-
1回分(三種)で¥4500-前後が相場です。
それ以上高い病院の場合、多頭飼育(接種)などは割引されるケースもあります。
野良猫ちゃん出身の子の場合、ボランティアで¥2000-程度で接種出来る病院もあります。
-注意したいこと-
健康ではない状態(免疫が低下した)時に接種した場合、発病する事もあります。
●食欲がない
●便がゆるい
●元気がない
●体重がへっている
こんな症状が見られたら、予防接種は控えましょう。
予防接種前に健康診断をしてもらいましょう。

予防接種のコツ

猫ちゃんは病院が大キライ。
あの雰囲気も臭いも、猫ちゃんにとってはストレスが最高潮になってしまうので、予防接種は体調の良い時に、帰宅したら暴れさせずゆっくり過ごしてもらいましょう。

 -おトイレのしつけ方
 -噛み癖のしつけ方
 -爪とぎのしつけ方
 -予防接種について
 -去勢・避妊手術について
 -繁殖希望の方へ
 -猫ちゃんと暮らす前に
 -猫ちゃんの気持ち
 -猫ちゃんの年の数え方